読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPの集客を上げたいすべての人へ -本当に有効なSEO対策とは?-

このブログではHPの集客に悩む全ての方向けに、SEO対策のプロやアフィリエイターが実際に行っている、本当に有効なSEO対策について取り上げていきます。他にも、SNSを使った自分でも出来るSEO対策やプロに依頼するメリット、デメリットをまとめた記事など、これからHPの運営を始める方にも役に立つ様々なメディア情報を配信していきます♪かくいう私も、まだまだ初心者です。一緒に集客UPの方法を勉強していきましょう!

本気で上位表示目指すならコレ?!『オールドドメイン』を使ったSEO対策

f:id:mina19840429:20170120201735j:plain

オールドドメインとは、「古い」という名前の通り、以前誰かが使っていた「中古のドメイン」のことです。多くの場合、契約期限が切れたドメインになります。

この「オールドドメイン」はSEO対策として大変価値のあるものです。もちろん物にもよりますが。ただ古ければいいというわけではありません。

例えば、ジーンズなどは新品よりもユーズドの方が値段が高かったりしますよね。それは、古着屋などでユーズドを買った方が経年劣化が逆にいい味を出して、逆におしゃれだったりするからでしょう。また、前の持ち主の履きこなし方によって色やウォッシュの入り方などが一つ一つ違ってくるので世界に一つしかないジーンズというレア感も魅力の一つかもしれません。

ドメインもそれと似たところがあると思います。オールドドメインは歴史を持っています。以前の持ち主がどのようなHPを運営していたかによって、検索エンジンからすでに評価されているんです。つまり、検索エンジンから高評価を得ているドメインを取得できれば、以前の評価がそのまま新しいサイトにも引き継がれるというわけです。

このようにSEO対策に有効なオールドドメインを取得してサテライトサイトなどを作り、集客を狙っていく方法を「オールドドメインマーケティング」と言います。

では、オールドドメインSEO対策効果について詳しく見ていきましょう。

 

どんなオールドドメインを選べばSEO対策効果が高いの?

f:id:mina19840429:20170120201748j:plain

一言でいうと「ドメインパワーが強いドメイン」です。ドメインパワーってなんだ、という話になると思いますが、要するに「検索上位を狙える力のあるドメイン」のことです。

どんな特徴を持ったオールドドメインがいいのか、具体例を挙げてみますね。

 

  1. 他サイトからたくさんリンクされている
  2. HP作成時に決めたキーワードを含んでいる
  3. スパム行為を行い、ペナルティーを受けた記録がない

 

1. 他サイトからたくさんリンクされている

「被リンクが多い」とも言います。被リンクはこれから増やしていくことも出来ますが、過去にさかのぼってリンクをしてもらうことは不可能なので、リンクされていた歴史を持っていることは大きな強みです。

ただリンクされている数が多いだけでなく、リンク元の質も大切です。政府関係のサイトや教育機関、医療機関など公のサイトからリンクや有名企業のサイト、権威のある著名人のブログなどからされているとよりSEO効果が高まります。

リンクテキストにHPを作る際に決めたキーワードを含んでいるのもよいです。

 

2. HP作成時に決めたキーワードを含んでいる

自身のサイトで狙っていくキーワードが含まれているオールドドメインを取得できれば、これ以上いいことはありません。

現実的にはなかなか難しいですが、なるべくキーワードに近いものを選ぶと良いと思います。

 

3. スパム行為を行い、ペナルティーを受けた記録がない

以前のサイトの評価が引き継がれるので、検索エンジンからマイナス評価を受けたことがあるドメインはさけましょう。

優良コンテンツが多く健全なサイト運営をしていたオールドドメインを獲得できれば、高評価の状態から始められるので、SEO対策として効果が期待できます。

「オールドドメインマーケティング」を行う場合は、以上の点に注意して選んでみてください。特に3番目に紹介した項目については、しっかりと調べる必要があります。

この点についてもう少し詳しくみていきましょう。

 

オールドドメインマーケティングの落とし穴

f:id:mina19840429:20170120201447j:plain

優良ドメインを手に入れられればいいことずくめのオールドドメイン。ですが、もし粗悪なオールドドメインを使ってHPを作ってしまったらどうでしょう。せっかく良いHPを作っても検索エンジンからの評価がマイナススタートとなってしまいます。

購入の前に、しっかりとオールドドメインの質をチェックしましょう。方法はいくつかあります。

 

  • サイトを目で見て確認する
  • 被リンク分析ツールを利用する(「hanasakigani」「ahrefs」など
  • ペナルティー確認ツールを利用するGoogleの「サーチコンソール」など)

 

以上のようなチェック方法は存在しますが、こうしたチェックをしても初心者にはそのオールドドメインが本当に優良なのか判断することは難しいと思います。

SEO対策サービスを提供している企業の中には、オールドドメインの取得を代行してくれるところもあります。さらに、検索上位を狙える内容のサテライトサイトの作成などの依頼も出来ますので、心配な方は専門業者を利用するのも一つの手です。

www.mexce.net

 

質の高いオールドドメインを使用した「オールドドメインマーケティング」はSEO対策として有用です。もちろん、オールドドメインを取得しただけですぐに検索順位が上がるというわけではなく、ユーザー目線に立ってコンテンツを充実させたり、サイトの内容自体を価値のあるものにしていく必要があります。

SEO対策は単独で効果を発揮するのではなく、いくつか組み合わせて同時に行うことで大きな効果を生むと言えます。

ぜひ自身のサイトでもいくつか対策を行ってみてはいかがでしょうか。

やり手アフィリエイターも使ってる?!日本語ドメインのメリットと集客効果

f:id:mina19840429:20170120175601j:plain

「HPのアドレスは英語しか使えない」そう思い込んでいませんか?それはもう昔の話です。今はなんと、ドメインに日本語も使えるんです! 

私も古い人間なので、つい最近までうっかり英語しか使えないものだと誤解していました。SEO対策について勉強し始めて初めて知ったのですが、世の中には「日本語ドメイン」というものが存在します。

例えば、お堅いところで総務省のHPなど試しに検索してみてください。アドレスはこうなっています。

http://総務省.jp

なんてわかりやすい!!そのまんまですね。英語の苦手な日本人にとってはとても覚えやすくありがたいアドレスだと思います。

私が考える、日本語ドメインの一番良いところは「覚えやすい」点です。

ただし、頭に「日本人にとって」とつきますが・・・。そうです、日本語があまりわからない外国人とっては逆にとても難解なアドレスになってしまうのです。そもそも日本語ドメインでのアドレスは日本でしか使用できません。

このようにメリットとデメリットのある「日本語ドメイン」について、この記事ではSEO対策の観点から考えてみたいと思います。

 

日本語ドメインSEO効果はどのくらいあるの?

f:id:mina19840429:20170120175613j:plain

まずは、日本語ドメインのメリットとデメリットを整理していきましょう。

 

メリット
  • 日本人にとって覚えやすいので、直接アクセスしてもらえる
  • 検索エンジンの表示順位への影響力が強く、すぐに効果が期待できる
 
デメリット
  • 外国人にとって覚えにくく、海外で使えない
  • SNSやメール本文に記載する場合、URLが英語表記に変換されてしまう
  • 上位検索を狙えるキーワードはすでに取得されてしまっている

 

いかがでしょうか?

SEO対策に少し詳しい方は、デメリットの項目がSEO的にかなり不利な印象を持たれるのではないでしょうか。日本語ドメインは、使えるようになった当初は人気があり、検索エンジン上位表示の優位性もあったようなのですが、今となってはデメリットの方が多いと言われています。

主な理由を2つ詳しく見ていきましょう。

 

1. 今からでは検索頻度が少し低めのキーワードしか取得できない

検索上位キーワードのほとんどがすでに取得済みという現実があります。

例えば、「http://www.SEO対策.com」というHPアドレスにしたくても「SEO対策」というドメインはすでに他の方が取得されています。そうなるとSEO対策の前後に何か言葉を足して、「http://www.SEO対策初心者.com」や「http://www.自分でも出来るSEO対策.com」などにするほかありません。

このワードを検索で一番に入力する人がどれだけいるでしょうか?正直言って、それほどアクセスが望めそうな感じはしませんよね。だとすると、わざわざ日本語ドメインを取得するメリットはそれほどないと言わざるを得ません。

 

2. SNS拡散時に日本語ドメインで表示されない

SEO対策の基本として、SNSでの拡散があると思います。もちろんそこにHPのURLを載せますよね。しかし、そこに表示されるアドレスはこのようになります。

http://www.SEO対策初心者.com 

http://www.xn--seo-4h2eq56bqpf0l0de3h.com

「え、元の日本語どこ行ったの・・・」という表記に変わってしまうんです。せっかく覚えてもらいやすい日本語ドメインにしても、これでは意味がありませんよね。これはメールの本文に貼るURLについても同じです。

日本語ドメインは、あくまで検索バーに表示されるアドレスのみ日本語表記になります。

今までデメリットにばかり注目してきましたが、それでも日本語ドメインを取得する価値はあります。

それは企業名や商品名の日本語ドメインを取得し、サテライトサイトを作ることです。これはアフィリエイターが自分のサイトを上位に表示させるために使う手段のひとつです。

 

 自社名の日本語ドメインを取得してサテライトサイトを作ろう!

f:id:mina19840429:20170120175627j:plain

「そもそもサテライトサイトってなに?」という方もいらっしゃるかもしれません。

サテライトサイトとは、「本サイトとは別に、ジャンルや年齢が異なる顧客の集客を狙って作られたサイト」のことです。

他にも本サイトへの被リンクを増やすために作られる場合もあります。

本サイトとは違ったキーワードを設定したサイトを作り、本サイトへリンクを貼れば、より多くのお客様を集めることが可能です。

ただし、サテライトサイトのほうもユーザーにとって価値のあるサイトにしなければ、検索エンジンからの高評価はもらえませんので、効果的なSEO対策にはなりません。更新や内容の充実など、本サイトとサテライトサイトの2つを動かしていくのはコストと時間がかかる作業です。

自社での運営が難しい場合は、サテライトサイトの作成や運用を行ってくれるSEO対策サービスを持つ企業もあるので、そうした企業に依頼するというのも手です。

検索上位表示に効果的な日本語ドメインを選んでくれたり、記事を作成してくれるサービスもあるので、一度調べてみることをおすすめします。

www.mexce.net

 

日本語ドメイン取得は初心者が手を出すとデメリットの方が多くなってしまいます。

導入を検討している場合は、SEO対策会社と相談しながら、取得を検討していくと失敗がないと思います。

HPなしでも宣伝OK?!SEO対策会社が運営する『オウンドメディア』を活用!

『オウンドメディア』なんて言うとなんだか難し気に聞こえますが、要するに自社で運営しているメディア(情報サイト)の事です。

f:id:mina19840429:20170120104515j:plain

ただし、商品だけを並べているだけの通販サイトなどは当てはまりません。

オウンドメディアとはあくまで、商品の販売から一歩離れたところで、お客様目線に立ち、お客様にとって有益な情報を提供するHPの事をさします。

 

オウンドメディアとSEOの関係

f:id:mina19840429:20170120104529j:plain

近年のSEO対策において、『オウンドメディア』の重要性が再認識されています。というのも、Googleのサイト評価が今まで以上に「検索ユーザー目線重視」に変わってきたからなんです。

今までは頻繁に更新されるサイトや、リンクをたくさん持っているサイトが上位表記されやすかったのですが、今はそれに加えて「HPの内容がどれだけユーザーの役に立つか」を積極的に評価しています。

 

◆「ユーザーの役に立つ」とは具体的にどういうこと?

例えば、あなたが賃貸物件を探しに不動産屋に行ったとします。不動産屋Aと不動産屋Bで同じ家賃の同じ物件を紹介しており、手数料なども同じです。

Aが家賃と間取りなどの物件紹介のみだったのに対し、Bは物件紹介に加えて周辺治安の良し悪しや大家さんの人柄などネット検索では知ることが出来ない情報も交えてアドバイスしてくれたとします。

あなたはきっとBと契約を結びたいと思うはずです。

 

同様に、検索でサイトを見に来るユーザーもまた、自分に的確なアドバイスや情報提供をしてくれる親切なサイトを好みます。このような方法で、商品の値段やラインナップ以外の部分で、企業のカラーを出すことがお客様に選ばれる秘訣と言えます。

ユーザーに愛されるサイトは検索エンジンも高く評価するので、充実したオウンドメディアをもつことはSEO対策的にもなり、一石二鳥ということが出来るでしょう。

企業として充実したオウンドメディアを持つ利点をまとめると以下の通りです。

 

◆オウンドメディアマーケティングのメリット
  • 顧客の信用を獲得できるので、購買につながりやすい
  • 企業イメージの構築でき、競合との差別化を図れる
  • 検索エンジンから優良サイトとみなされ、検索表示順位が上がる

 

優れたオウンドメディアの構築の難点

f:id:mina19840429:20170120104540j:plain

このようにいいことずくめのオウンドメディアですが、一つ難点があります。それは、構築に時間とコストがかかるということです。

自社で優れたオウンドメディアを作成するには長い時間がかかります。記事を増やしていくだけでも大変で、ライターに依頼すればその分コストもかかります。長期的に見れば、オウンドメディアを持つことは顧客からの信頼を獲得する上でも企業にとって大きな資産になると言えますが、それは一朝一夕にできることではありません。そこで、もっと簡単にオウンドメディアマーケティングを行う方法も合わせてご紹介します。

それは「すでに構築されているオウンドメディアを活用する」ことです。

 

SEO対策企業の中には独自のオウンドメディアを持つところもあります。

例えば、こちらの『メディアエクシード』という会社は、『Curassy(まとめサイト)』『資格広場』『大学偏差値マップ』など様々な分野のオウンドメディアを運営しています。

www.mexce.net

こちらではSEO対策サービスの一つとして、自社運営のオウンドメディアにてお客様の会社や事業について紹介する記事を作成してくれます。

もし自分の会社と同ジャンルのオウンドメディアを既に持っている企業があれば、そこで記事を書いてもらえばオウンドメディアマーケティングをしているのとほぼ同じことになりますよね。この方法なら、自社でオウンドディアを新たに作らなくてもよいので、簡単に集客効果を得られます。

 

オウンドメディアの構築も進めつつ、既にあるオウンドメディアの活用についても検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

 

検索候補ワード『サジェスト』を設定してアピール!集客アップを狙おう!

f:id:mina19840429:20170119150320j:plain

「サジェスト」という言葉、皆さんご存知ですか?

この言葉自体は多くの方にとってまだまだ耳慣れない言葉かと思います。でもこのサジェスト、ネット検索をするときに、誰もが毎日のように目にしているものなんです。

 

サジェストってなに?

実際に見てみるのが一番わかりやすいので一緒にやってみましょう。

まず、Googleの検索バーで「エステ」と入力して、そのあとに半角スペースを空けてみてください。そうすると「エステ 英語」や「エステ 資格」などの単語が自動的に表示されると思います。この機能の事をサジェスト機能といい、ここに表示される言葉を「サジェストワード」と言います。

もしここに自分の会社やネットショップの名前が表示されたとしたらいかがですか?間違いなく格段に認知度が上がるはずです。

ネットの世界ではお客様に「知ってもらう」ということが集客、顧客獲得の第一歩です。このサジェストを使って集客を増やすSEO対策はまだ認知度があまりない企業にとっては特に有効な方法と言えます。

逆に、自社名のサジェストに誹謗中傷やネガティブワードが表示されてしまうと、簡単に会社の評判が落ちてしまう事になります。SEO対策企業の中には、そうしたサジェストワードの削除を行ってくれる会社もあります。

 

『サジェスト』をもっと知ろう!

f:id:mina19840429:20170119151051j:plain

まだまだあるサジェストを設定するメリットと、SEO対策企業が実際に行っているサービス内容をご紹介します。集客につながりそうな効果がたくさんありそうですよ!

 

-5つのメリット-
  • 認知度上昇検索数の多いキーワードのサジェストに表示すれば社名を多くの人に知ってもらえる!
  • アクセス上昇サジェストに表示されるとついでに検索されやすい!
  • アピールが自然広告感がなく、人気検索ワードと思われるので自然なアピールになる!
  • 風評被害対策サジェストのネガティブワードを削除することで、被害拡大を防げる!
  • 対策期間や価格の融通が利く30日からの契約も可能。1日1500円くらいからと安価。
 
-サービス内容-
  • 成果報酬型実際にサジェストが表示された日のみ、料金が発生。(表示されなかった日は無料)
  • 継続課金型サジェストの表示、非表示にかかわらず、1か月ごとの固定料金制。

 

1日当たり1000円台(※通常ワード)の料金設定をしている企業がほとんどのようです。SEO対策料金の中では安価で行えるのも魅力の一つだと思います。契約期間も1か月から3か月くらいと短めなので、気軽に始められそうですね。

※検索キーワードには「通常ワード」と「ビッグワード」というものがあります。

通常ワードは「新宿 居酒屋 御社名」など地域を限定したワードと組み合わせて表示させます。ビッグワードは「看護師 御社名」など、通常ワードよりもさらに広範囲に及ぶ、検索する人数の多いワードと一緒に表示させます。ワードによって金額は別途見積もりになる場合が多いようです。

 

サジェスト表示時の注意点

f:id:mina19840429:20170119151425j:plain

サジェストに表示してユーザーがキーワード検索をしてくれても、そのキーワードの上位に自社のサイトが表示されるようになっていなければ、ユーザーはサイトにたどり着けません。そのため、サジェストで集客効果を出すためには、自社サイトの検索順位が常に良い必要があります。

つまり、サジェスト対策だけでは十分な集客効果は得づらいということです。ほかにも、meta要素の正しい記述、キーワードを意識したHP内容にするなど、基本のSEO対策と同時に行って初めて集客につながるのです。

※詳しくは前回のブログ『自社サイトのSEO対策、自分でする?orプロに頼む?-メリットとデメリット-』の「自分で出来るSEO対策」をご覧ください。

media-seo.hatenadiary.jp


自分でするSEO対策に加えて、企業のSEO対策も上手に取り入れて、集客アップを目指しましょう!

自社サイトのSEO対策「自分でする?」or「プロに頼む?」-メリットとデメリット-

f:id:mina19840429:20170119120735j:plain

近年、企業が自社のWebサイトを所有、運営していることは当たり前になってきています。自社サイトは企業の自己紹介や宣伝広告効果を狙うだけでなく、その企業の価値や信頼感を表す手段の一つとしても用いられています。

良いサービスや商品を提供していても、サイトの見栄えが悪く、簡素な作りだと、お客様は「ちゃんとした会社なのかな?」と、会社に対して不信感を持ってしまいます。さらに、メニューや商品の見方が分かりにくいと、お客様は「使いづらいな」という印象を持ち、利用につながりづらくなります。

以上の点から、HPを見やすく、綺麗に整えておくことは企業戦略の基本です。でも、せっかく気合を入れて作ったHPもお客様の目に触れなければ意味がありませんよね。より多くのお客様に見つけてもらうためには、検索エンジンでの表示順位を上げるのが一番の近道です。

そのための対策を「SEO対策」といい、簡単なものから専門的なものまで様々な方法があります。まずは初心者でも出来るSEO対策から紹介していきます。

 

自分で出来るSEO対策とは?

f:id:mina19840429:20170119121557j:plain

まず、Googleなどの検索エンジンでの表示順位を決める場合、<head>内の<meta>要素と<h1>の内容は確実に評価対象です。充実させれば、検索エンジンに効果的にアピールにできます。

タイトル、メタディスクリプションをきちんと書き込むこと。キーワードを含めてタイトルや文章を作るとより効果があると言われています。それから、h1も同様にキーワードを入れるとよいと思います。

まずはこの部分をきちんと記述して、検索エンジンに優しいサイトを作りましょう。

次に、検索で上位に表示されるために、サイトのキーワード選択と、キーワードを意識した内容作りはとても重要です。

自分のサイトの内容に合ったメインのキーワードをまず設定しましょう。その際、多くの人が検索しそうなワードにすることがポイントです。さらに、そのメインキーワードから連想されるサブキーワードも決めておくとなお良いと思います。

まずは、お客様にHPに来てもらうことが大切です。そのうえで、検索してきてくれたお客様にとって役に立つ内容のHPを目指しましょう。

自分で出来るSEO対策のメリットとデメリットは以下の通りです。

 

自分で出来るSEO対策のメリットとデメリット

メリット

  • お金がかからない
  • 修正や変更が自由にできる

デメリット

  • 時間がかかる
  • 手間がかかるので、本来の仕事に使う時間が減る
  • 的確なSEO対策が出来るかわからず、本当に集客効果に不安が残る

 

最近の検索エンジン検索を利用する人にとって本当に有用なサイトを上位に表示させる傾向があります。つまり、検索で上位表示を狙うなら「検索エンジン向けの対策を取ったうえで、サイトに来てくれるお客様を満足させる充実した内容のHPを作る」必要があります。

確かに自分ですべて管理できれば、修正変更の自由が利くので便利だと思います。しかしその分、その作業を行う社員を雇う必要があります。自分で行うSEO対策は人件費を考えると、外部に依頼するのとどちらがお得なのか、正直判断の難しいところです。

それに、ネットショップを開いてる方や、事業を行っている方の本当にやりたいことは何ですか?例えば、ケーキ販売店のオーナーさんなら美味しいケーキを作ることでしょうし、洋服のセレクトショップのオーナーさんならより良い商品を買い付けてくることなのではないでしょうか。

少なくともHPの運営やSEO対策ではないはずです。もちろん集客も大切ですが、それに時間を割きすぎては本末転倒です。そんなとき、役に立つのがプロのSEO対策会社です。

 

プロのSEO対策とは?

f:id:mina19840429:20170119121600j:plain

ここでは、Web集客マーケティングと商標保護を独自の「ハンドリングメディア」というサービスとして一括提供している、『メディアエクシード』というSEO対策企業を例にとってご紹介します。

さまざまなSEO対策をカテゴリー別にサービス化しているので、目的に合ったSEO対策が選べるところが魅力です。いくつかのSEO対策を組み合わせて依頼することもできるので、総合的なSEO対策を行いたい場合も使いやすい会社だと思います。

www.mexce.net

実際のサービス内容のうち、SEO対策企業ならではのサービスをピックアップしてご紹介します。

以上のようなサービスは個人で行うのは難しく、SEO対策企業ならではと言えると思います。代わりに、先ほど紹介した「自分で出来るSEO対策」に比べて格段に宣伝効果があり、集客が望める対策です。こうした企業を利用するメリットとデメリットもまとめました。

 

プロに頼むSEO対策のメリットとデメリット

メリット

  • 専門家に任せることで的確なSEO対策を行え、高い集客効果が得られる
  • SEO対策に取られる時間を減らし、本来のやりたい仕事に集中できる

デメリット

  • お金がかかる

 

SEO対策専門の企業に依頼すれば、サジェストマーケティング、オウンドメディアマーケティングなど個人では難しいSEO対策を自社に代わって行ってくれます。専門家としての知識を生かし、的確なSEO対策を行ってくれるので、自分で行うSEO対策に比べ、より高い宣伝・集客効果が望めるのが最大のメリットと言えます。

さらに、本来の仕事に集中できるので、商品やサービスの質が向上し、ショップや企業としての成長につながるというメリットがあります。

デメリットとして費用は多少発生しますが、お金をかけた分だけ効果はあります。SEO対策企業の中には、先ほど紹介した『メディアエクシード』のように、パートナー登録をしてお客様を紹介すれば、バックが得られるサービスがある会社もありますので、お得に利用する事もできますよ。

集客に悩んでいたり、SEO対策に時間を取られてお困りのようなら、一度専門企業に相談してみては?